他人の商標権を侵害するとどうなるのですか?

その他人である商標権者は、あなたに対して、商標権を侵害する行為の差止めや侵害により生じた損害の賠償を求めることができます。 通常、商標権者は、その必要に応じて、警告書をあなたに出すと思われます。

あなたが自分の行為が、他人の商標権の侵害に該当することを素直に認めて、その行為を止めれば、商標権者が警告書を出した目的は、一部達成されます。 しかし、商標権者は侵害行為を止めさせるだけでなく、侵害行為を予防することを求めることもできます。 具体的には、商標権の侵害行為に使った商標を表示する物(シール、包装等)の廃棄や表示物を製造するのに使った印刷製版・金型などの設備の除却も求めることができます。 商標権者があなたの侵害行為が悪質であると思えば、再度の侵害行為を事前に防ぐために、これらの物品(あなたの財産)を廃棄することを求めます。 あなたが、それらの物品の廃棄を拒めば、商標権者はあなたに対して訴訟を提起するかもしれません。

あなたが自分の行為が、他人の商標権の侵害に該当することを素直に認めて、その行為を止めても、商標権者が警告書を出した目的の一部は、まだ達成されない場合があります。 それは、あなたが侵害行為を止めるまでの間に、商標権者の業務上の利益が害されている場合です。 商標権者は、過去の侵害行為に遡って、その損害の賠償を求めることができるからです。 あなたが、商標権者に損害を与えたことを、全部又は一部を認めないで、損害の賠償の支払いを拒む場合には、商標権者はあなたに対して訴訟を提起するかもしれません。

このような商標についての紛争は、できれば避けたいものです。 新しい商品に、新しいペットネームやマークをお使いになるときに、他人の商標権を侵害することにならないか、お気軽にご相談いただきたいと思います。

商標権は、普通の物権と異なり、誰がそのネーミングやマークについて、権利を有しているのか、普通には、直ぐにはわかりません。 普通の物権であれば、一つの物を、二人以上の者が所有したり、使ったりすることは起こり得ません。 ところが、商標権は、工業所有権という抽象的な財産ですから、知らないで他人のネーミングやマークを使っているということが、起こり得るのです。

無用な紛争を、未然に防止するためにも、お気軽にご相談いただきたいと思います。

そのほか、故意で侵害行為をしたと認められる場合には、公訴され、有罪が確定すれば、罰金と懲役が科せられます。 上述の民事的救済に加えて、このような刑事的救済も図られます。 罰金は、最大、法人に対しては、3億円、個人に対しては、1千万円です。 懲役は、最大、個人に対して、10年です。

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU