類似範囲って何ですか?

他人が持っている商標権に係る登録商標と同じ商標を、その指定商品等と同じ商品等に、その他人の許諾を得ずに使えば、商標権の侵害となります。

さらに、類似する商標を、類似する商品等に使っても、商標権の侵害となります。 商標や商品等が類似すれば、需要者が混同する可能性があり、商標権者の利益を害する心配があるというわけです。

類似する商標類似する商品等といっても、さまざまなものを想定することができます。 これらをまとめて、ある範囲を観念するものが類似範囲です。 その範囲の中で、商標を使う行為は、侵害となります。 しかし、範囲の中といっても、観念上の範囲ですから、具体的に定義できる範囲があるわけではありません。 どんな商標だったら、登録商標に類似するか、どんな商品だったら指定商品等と類似するかは、取引の実情も踏まえて、個別に判断されます。

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU