更新登録を忘れるとどういうことになりますか?

更新登録の申請をしなければならない期間を忘れて経過してしまっても、その期間の経過後6月以内であれば、更新登録の申請ができます。 ただし、この場合には、所定の登録料の他に、同額の割増登録料を納付しなければなりません。 つまり、余分の割増登録料を払わないで済ますには、更新登録の申請をしなければならない期間を忘れないようにする必要があります。

更新登録の申請をしなければならない期間を経過して、さらに6月経過してしまった場合には、商標権は消滅させられます。 商標権は、存続期間の満了のとき(更新登録の申請をしなければならない期間)に遡って、消滅したものとみなされます。 このさらに6月経過したか否かについても、特許庁から通知のようなものが届くわけではありません。 商標権を継続して維持したい場合には、満了の日をともかく忘れないようにしなければなりません。 忘れていれば、商標権は、継続して維持する意思はないものとして、自動的に消滅させられます。

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU