他人が似たマークを使っていると思われますが、相談に乗ってくれますか?

お気軽にご相談ください。 そのマークについて、あなたが商標権を持っている場合には、他人があなたの商標権を侵害している可能性があります。

あなたが、他人が似たマークを使うことを止めさせたい場合には、商標法によりその他人に対して、差止めを求めることができます。 まず、商標権が侵害されていること等を、法律上主張できるか否か、状況の確認をさせていただきます。 そして、差止めを求めて、その他人に警告して、交渉することをお手伝いさせていただきます。 その他人が、警告に対して法律上の反論をしてくる場合もあると思います。 さらに、その他人に対して反駁することや、必要に応じて裁判所に差止めを求めて訴えることをお手伝いさせていただきます。

他人が似たマークを使っていることで、あなたは、営業上の損害を被っているかもしれません。 例えば、お客さんはあなたが提供する商品とその他人が提供する商品を混同している場合があります。 例えば、あなたが提供する商品の売り上げが減少しているのに、その他人が提供する商品の売り上げが増えているらしい場合があります。 他人が似たマークを使うことで、あなたが被っている損害の賠償を、民法によりその他人に対して賠償を求めることができます。 まず、商標権が侵害されていること等を、損害を被っていること等を、法律上主張できるか否か、状況の確認をさせていただきます。 そして、損害の賠償を求めて、その他人に警告して、交渉することをお手伝いさせていただきます。 その他人が、警告に対して法律上の反論をしてくる場合もあると思います。 さらに、その他人に対して反駁することや、裁判所に損害賠償を求めて訴えることをお手伝いさせていただきます。

そのマークについて、あなたが商標権を持っていない場合でも、他人が不正競争防止法の違反行為をしている可能性があります。 そのような場合でも、一定の要件が満たされる場合には、その他人に対して、差止めや損害賠償を求めることができます。 まず、そのマークと似たマークについて、あなたの使用状況や他人の使用状況の確認をさせていただきます。 そのうえで、不正競争防止法により、できることをお手伝いさせていただきます。

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU