商標権

商標を使用する商品、又は役務を指定して、商標登録を受けると、登録を受けた者のみが、独占排他的に、その商標を指定商品等について使用することができます。 この独占排他的に使用できる権利が商標権です。 そして、登録を受けた者が、その商標権者です。 この商標権は、所定の登録料を支払うことで、通常10年間存続します。

他人が商標権者の許諾を得ないで、業務に関わるものとして、その商標、又は類似する商標を、指定商品等、又は類似する商品等に使えば、商標権の侵害という違法行為になります。 この商標権は、独占排他的な権利だからです。

他人が商標権を侵害している場合、又はこれから侵害するおそれがある場合には、商標権者はその他人に対して、侵害行為の停止と必要な予防を求めることができます。 これが、いわゆる差止め請求権です。

また、他人が商標権を侵害している場合、又は過去侵害した場合には、その侵害により生じた、商標権者の損害について、商標権者は賠償を求めることができます。 これが、いわゆる損害賠償請求権です。

このように、商標権はその侵害に対して、強い権利行使ができるので、自分が使う商標を厚く保護することができるのです。

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU