補正って何ですか?

商標登録出願をした出願人に対して拒絶理由通知がされたとき、意見書で反論するだけでは審査官の判断を覆せない場合があります。 反論するだけでは拒絶理由を覆せないときでも、指定商品等を減らすことで、拒絶理由を解消できる場合があります。

例えば、商標Xを指定商品A、B及びCに使うものとする、商標登録出願をした場合を考えます。 そして、他人が先に出願して、商標Xを指定商品Cに使うものとして、先に登録を受けている場合を考えます。 そうすると、審査官は、この他人の登録商標を引用して、登録要件を満たさないものとして、拒絶理由を出願人に通知します。 出願人は、願書の記載から指定商品Cを削除して、指定商品A及びBのみに使うものとして、商標Xを商標登録出願することにします。 こうして、出願人は拒絶理由を解消できます。

この願書の記載を変更する手続きが補正です。 この補正の手続きは、意見書の提出とともに、手続補正書を提出することで、できます。 手続補正書の提出は、意見書の提出とともに提出することが認められますので、拒絶理由通知で指定された期間内に提出することが必要です。

この補正という手続きは、一旦特許庁に提出した願書の記載を変更するのですから、どんな変更でもできるというわけにはいきません。 上述の例のように、指定商品等を減らす方向の変更に、原則として限られます。

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU