意見書って何ですか?

商標登録出願をした出願人に対して拒絶理由通知がされたとき、その拒絶理由を承服しない場合に、その意見を書面に記載して、提出することができます。 これが意見書です。

意見書を提出して、拒絶理由に反論する場合には、拒絶理由通知で指定された期間内に意見書を提出する必要があります。 この期間は、通常40日間が指定されます。 意見書が提出されないまま、この期間が経過したときに、拒絶理由に承服したものと特許庁の審査官は理解して、拒絶査定を行います。

この意見書で、拒絶理由について反論することで、審査官の判断を覆すことができれば、拒絶理由が解消され、登録を受けることができる場合があります。

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU