拒絶理由通知って何ですか?

商標登録を受けようとする者が出願した商標が、指定商品等に使うものとして、登録要件を満たすか否か、特許庁の審査官によって審査されます。 特許庁の審査官が、その商標登録出願を拒絶すべき旨の査定をしようとするとき、いきなり拒絶する旨の査定がされるわけではありません。 拒絶の査定がされる前に、審査官から商標登録出願人に対して拒絶理由が通知され、期間を指定して、意見書を提出する機会が与えられます。 この期間は、通常40日間が指定されます。 これが拒絶理由通知です。

この意見書で、出願した商標が登録要件を満たす旨、拒絶理由に該当しない旨、出願人は主張することができます。 その主張が、審査官の判断を覆すことができれば、拒絶理由が解消され、登録を受けることができる場合があります。

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU