商標調査って何ですか?

商標調査が必要になるケースは、主に出願して登録を受けるためにする場合と他人の商標権を侵害するおそれをなくすためにする場合の二つです。

現在使用しているか、又はこれから使用しようとする商標の登録を受けようとする場合、特許庁では事前に先行商標の調査を行うように指導しています。 先行調査の中の主な一つは、他人が先に出願しているか否か、他人が先に登録を受けているか否か、いわゆる先願の有無、類似か否か、を調べるものです。 他人が先に出願し登録を受けた商標と同じか又は類似する商標を、登録を受けた指定商品等と同じか又は類似する商品等に使用するものは、登録要件を満たさないからです。

先行調査の二つ目は、他人が出願していなくても、また登録を受けていなくても、他人が先に使用しているか否か、いわゆる先使用の有無を調べるものです。 他人が先に使用して、広く知られるようになった商標か又は類似する商標を、その使用する商品等か又は類似する商品等に使用するものは、登録要件を満たさないからです。

その他の先行調査は、上述の調査では登録を受けることができそうであると思われる場合でも、識別力の有無など、他の登録要件を満たすか否かを調べるものです。 これらの先行調査を商標調査といいます。

もう一つは、現在使用しているか、又はこれから使用しようとする商標が、他人の商標権を侵害する可能性の有無を調べるものです。 これは、他人が登録を受けているか否か、登録を受けていれば、その商標と指定商品等は、類似か否か、を調べるものです。 上述の先行調査と同じ部分です。 このように、他人の商標権を侵害するおそれをなくすためにする調査も商標調査です。

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU