他人が似たマークを使い始めたとき、警告をすることはできますか?

他人が、あなたの出願した商標と類似する商標を使い始めたとき、警告することができます。 ただし、警告できるのは、他人が、その商標を、あなたが出願した指定商品等と同じか、又は類似する商品等に使い始めたときに限られます。 他人が、あなたが出願した指定商品等と類似しない商品等に使い始めても、需要者が出所を混同する可能性が小さいと考えられるからです。

警告では、他人が使うことによりあなたが受けた業務上の損失に相当する額の金銭の支払いを請求できるので、その旨の警告をすることができます。 支払いを請求できる対象期間は、警告をした後から商標権の設定の登録を受けるまでの、他人が同じか、又は類似する商標を使っている期間です。 この請求権は、商標権の設定の登録を受けた後でなければ行使できません。 出願しても登録を受けることができなかった場合には、その商標を独占的に使用することが認められなかったのですから、他人の使用を排除できないわけです。

もし、あなたが使おうと思っていた商標が、まだ出願していないときは、他人が使い始めても上記の警告をすることはできません。 まずあなたが出願して初めて、上記の警告をすることができるのです。

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU