商標登録出願

商標登録を受けようとする者は、特許庁に対して、願書を提出しなければなりません。 商標登録を受けるためにする、商標権が発生するまでの一連の手続きを商標登録出願といいます。

(1)願書の提出 願書には、@商標登録出願人の氏名及び住所(法人の場合には名称と居所)、A商標登録を受けようとする商標、B指定商品又は指定役務及びその区分、を記載します。 願書の提出に際して、所定の商標登録出願手数料を納付しなければなりません。

(2)拒絶理由通知への対応 特許庁の審査官が、その商標登録出願を拒絶すべき旨の査定をしようとするとき、審査官から商標登録出願人に拒絶理由が通知されます。 商標登録出願人は、拒絶理由を承服しないときには、指定された期間内に、その旨の主張を記載した意見書を提出して、拒絶理由通知へ対応することができます。

(3)商標権の発生 特許庁の審査官が、その商標登録出願について拒絶理由を発見しないときは、商標登録をすべき旨の査定がされます。 商標登録をすべき旨の査定の謄本が送達されてから所定期間内に、商標登録出願人は登録料を納付しなければなりません。 この登録料が納付されて、商標権が設定の登録がされ、商標権が発生します。

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU