広く知られたとはどの程度知られたことをいうのですか?

商標の登録要件でも、他人の使う商標が、広く知られているどうか、が問題となります。 登録要件の場合には、広く知られたというのは、全国的に知られている商標だけでなく、ある一地方で広く知られている商標も含む、とされています。

これに対して、先使用権を主張する場合には、自分が使う商標が、広く知られているどうか、は事案に応じた柔軟な判断も、ある程度やむを得ないとされます。 前者は、日本国としてその商標を保護するか否かを行政的に判断するので、画一的である必要があります。 これに対して後者は、裁判では、商標権者と先に使用した者との具体的な利害の衡平が考慮されるので、事案に応じた柔軟な判断がされることになります。

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU