先に使っていた商標でも使えなくなるのですか?

あなたが、その商標を先に使っていたとしても、あなたがそれを使うことが、他人の商標権を侵害することになる場合には、使えなくなるのです。

先に使っていたということが、優先的に扱われないということは、何か腑に落ちない感じももたれるかもしれません。 そこで、先に使っていたという状況が、一定の要件を満たす場合には、他人の商標権に係る商標について、使用することができます。 これを先使用権といいます。 これは、法定の使用権ですから、他人である商標権者が、もし、あなたに商標権を侵害している旨の警告をしてきた場合でも、あなたは、侵害していない旨、反論することができます。

一定の要件とは、概略以下のものです。
(1) 他人が、商標権を取得しようとして出願したときに、あなたが提供する商品等に、あなたの使っている商標が、既に需要者に広く知られているものでなければなりません。
(2) 他人が出願した後も、あなたが継続して、その商品等に、その商標を使うものでなければなりません。
こうした要件が満たされるときに、あなたは、その商品等に、その商標を使う先使用権が認められます。 先に使っていたことで、広く知られるようになっていれば、その商標に化体した、あなたの業務上の信用は、商標法が保護すべきものとして公平に扱おうとするものです。

しかし、この先使用権が認められるためには、広く知られるようになっていることを、裁判などで認められなければなりません。 裁判で認められるためには、専門家に依頼したり、証拠をそろえたり、大変な時間と費用をかけることになります。 そのような事態を招かないように、あらかじめ、あなたが使っている商標は、登録を受けることをおすすめ致します。

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU