登録を受けないリスクは何ですか?

登録を受けないリスクは、二つあります。 一つは、いま、日本国内であなたが使っている商標が、使えなくなる場合も起こり得ることです。 あとから登録を受けた、他人の商標権を侵害する場合には、あなたはその商標を使えなくなる心配があるからです。 もう一つは、いま、あなたが使っている商標を、他人が自由に使うことができることです。 あなたが商標権として、登録を受けていなければ、他人が使うことについて、商標権を侵害する行為として、差止め等を求めることはできません。

登録を受けていなければ、商標原簿に記載がないのですから、公示されることはなく、あなたが使っている商標について、第三者が知る術はありません。 だから、第三者は、あなたが使っている商標でも自由に使うことができ、それを使うことを商標権として登録を受けることができます。 こうして、他人である第三者が、あなたが使っていたはずの商標を使うことについて、排他独占的な商標権を取得できてしまいます。 他人が取得した商標権の指定商品等について、あなたが同じ商標を使えば、他人の商標権を侵害することになります。 あなたが、その商標を使えなくなることが、一つのリスクです。

次に、登録を受けていなければ、他人が自由にその商標を使うことができるのですから、あなたが使っている商品等と同じ商品についても使うことができます。 そうすると、その商品を購入しようとする者は、あなたが提供する商品と他人が提供する商品を混同してしまう心配があります。 あなたが、その商品に精魂を込めて品質とコストを作りこんでも、他人が粗悪な商品を提供すれば、あなたの名声や信用は、高まらないばかりか、傷つけられもします。 逆に、あなたの作りこんだ品質やコストによって、他人の名声や信用が高まることも起こり得ます。 そんな不当なことも起こり得ることが、もう一つのリスクです。

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU