登録を受けるメリットとデメリットは何ですか?

登録を受けるメリットは、その商標を指定商品等に日本国内で使用できるのは、登録を受けた商標権者のみになることです。

他人がその商標を指定商品等に日本国内で使用すれば、商標権を侵害するものとして、侵害行為の差止めを請求でき、被った損害の賠償を請求できます。
他人が、その商標と類似する商標を、類似する指定商品等に日本国内で使用する場合も、商標権を侵害するものとみなされます。
また、他人が、その商標や類似する商標を、指定商品や類似する指定商品等に使うことを権利化しようとしても、先願主義の下排除され、権利化できません。

こうして登録を受けた者だけが、その商標に指定商品等に係る業務上の信用を蓄積していくことができます。
もし、他人の使用を排除できないとしたら、他人も使用することができるとしたら、登録のメリットはありません。
その商標に蓄積されるべき業務上の信用は、希釈化され(ダイリューション)、汚染される(ポリューション)ことになります。

登録を受けた商標に業務上の信用を蓄積して、営業活動に役立たせることができ、企業イメージを高めることができます。

登録を受けるデメリットは、登録を受けるためと商標権を維持するために、手続きと費用を必要とすること、登録を受けた商標の使い方について、商標権者として一定の義務を生じることです。

登録を受けるための手続きは、商標登録出願といいます。
商標権を維持するための手続きは、更新登録といいます。

商標権者の一定の義務とは、出所の混同を生じるような使い方、品質の誤認を生じるような使い方、は需要者の利益を害するものとして、避ける義務があります。
この義務を守らないような場合には、商標権を取消すことの審判が請求されます。

 

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU