登録を受けなければいけないのですか?

商標は、登録を受けなければいけない、ということはありません。

個人の場合でも、法人の場合でも、事業を始めるか否かから、その事業の中でどんな商標をどのように使うのかまで、個人又は法人の自由な意思によって決めることができます。
同様に、その商標をどうやって自己の財産として守るのか、商標法の制度に基づいて、登録を受けて、商標権者になって守るのか、も個人又は法人の自由な意思によって決めることができます。

但し、自分で選んで使用している商標が他人の商標権を侵害してしまった場合は、民事上の使用差し止め請求や損害賠償請求だけでなく、刑法により罰せられます。
たとえ、後から他人に商標登録された場合でも、原則として使用差し止め請求や損害賠償請求などを受けることになります。

繰り返しになりますが、紛争を前もって避けるためにも、商標の登録を受けて、商標法による保護を受けることを、おすすめします。

 

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU