Rマーク・TMマークって何ですか?

Rマーク(丸囲みの文字R)は、商標に添えて表示し、その商標が米国の商標法で登録された商標であることを告知するために使うマークです。
英語「registered trademark(登録された商標)」の略字記号です。
米国の商標法では、商標権を行使するためには原則として、商標権が存在することを告知する必要があるために、米国の商標権者はこのRマークを使っています。

日本の商標法では、その商標に添えて、その商標が登録商標である旨の表示(「登録商標」の文字と登録番号)を付するように努めることが定められています。
しかし、この表示を付さなくても、米国の商標法のように商標権の権利行使ができない、という不利益があるわけではありません。
商標の表示の大きさにもよりますが、「登録商標」の文字と登録番号を商標の外観を損ねないように添えることはむずかしい場合が多いこともあり、日本の商標権者は、通常付していません。
逆に、登録商標でもない商標に、あたかも登録商標であるような紛らわしい表示を付することは、商標法で禁じられています。

日本国内で販売する商品等に付する登録商標に、Rマークを添えることは、日本国内では問題はないですが、その商品が米国にも輸出されるのであれば、注意が必要です。
米国で販売されている場合には、そのRマークは米国の商標法で登録された商標であると告知していることになるからです。
その商標が、米国の商標法で登録された商標でない場合には、紛らわしい表示として米国の商標法でも禁じられているからです。

TMマークは、米国の商標法や日本の商標法で、特に定めはありませんので、一般的な用語として理解し、使用することができると考えられます。
英語単語「trademark」の略字として、「TM」で表記されています。
日本語では、外来語「トレードマーク」としてすっかり定着していますね。

 

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU