商号登記との違いは何ですか?

商標は、例えばある商品に表示して、製造・販売するものが誰であるのか、その商品を購入しようとする者に、一目でわからせるものです。
これに対して、商号は、その「誰」を、具体的にどこそこのだれ兵衛であると、特定するための名称です。
商人(商法)や会社(会社法)を特定するための、いわば固有名詞のようなものです。
商号を法務局に登記することで、その商人や会社は法的に誕生します。
そして、その商号の名の下に、商法や会社法に基づいて、法的義務を生じ、法的権利を行使することができます。
所轄官庁の監督や行政指導を受けたり、納税したり、損害賠償の訴訟を起こしたりする、経済活動全般に亘る組織単位でもあります。
このように使われ方を比べると、商標と商号は、全く違うものであることがわかります。

では、その効力の面では、違いは何でしょう。
商標は特許庁に出願して、登録を受ければ、その商標を指定商品(指定役務)に日本国内で使用できるのは、その出願人だけです。
これに対して、商号は、営業所や本店の所在地(住所番地)が同じでなければ、原則的に同じ名称でも法務局に登記できます。
たまたま同じ商号であっても、所在地が違うのであるから、法的義務を負ったり、法的権利を行使するのは異なる商人であり、異なる会社であるわけです。
日本国内で、同じ商号を持つ商人や会社が大いにあり得るわけです。
商標登録では他人の使用を禁止することができるのに対し、商号では他人の使用を禁止することが困難です。
このように効力について比べても、全く違うものであることがわかります。

 

■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU