商標って何の役に立つのですか?

商品に商標を表示することで、誰が製造・販売するものであるのか、その商品を購入しようとする者に一目でわからせることができ、役に立ちます。
役務(サービス)に商標を表示することで、誰が提供するものであるのか、その役務を利用しようとする者に一目でわからせることができ、役に立ちます。
また、その商品がどんな分野の、どんなグレードのものであるのか、その商品を購入しようとする者に一目でわからせることができ、役に立ちます。

このように、商品や役務(サービス)の流通や提供、広告やキャンペーンの過程で、その商標が知られるようになるといわゆるブランドに育ち、ブランドとして役立たせることができます。

流通や提供の過程以外では、どんな役に立つでしょうか。社会的責任を果たす企業イメージと商標を積極的に結び付ければ、有利な資本を調達したり、優秀な人材を募集したりすることに役立たせることもできます。


■■■■■■■■■■■■■■

↑ ページの上部へ

SIDE MENU